泡姫との遊び | ホテヘルやオナクラなどいろんな風俗を利用しよう

泡姫との遊び

風俗と呼ばれる、性的なサービスを男性客に提供する店の中でも、ソープはその代表的なジャンルと言われています。
この種類の営業では、働く女性と客の男性とがバスルームで体を洗った上でベッドへ移動、それからプレイを始めるという流れになっています。
その中でも特にソープは「soap(石けん)」という語源からも分かるように、バスルームでのサービスもベッドのサービスと並んで濃厚に行われるというのが基本になっているのです。

「soap(石けん)」という語源が、営業形態の特徴を表しているということは、そこで働く女性の異名として「泡姫」というものがあることからも分かります。
「姫」というのは風俗業界でしばしば用いられる、そこで働いている女性を指す言葉であり(他にも「嬢」などがあります)、ソープでは特にバスルームでのサービスが充実しているために、その場を象徴する「泡」が使われることになっているのです。
泡姫との遊びは、脱衣後の入浴の時点で始まっていると言えます。ソープの基本プレイには「マットプレイ」と呼ばれるものがあります。
浴場にエアマットを敷き、その上でローションなどを使ってヌメリのあるサービスを提供するというものです。

この種類の店では、マットプレイによって1回、その後のベッドプレイで1回の計2回が基本的なプレイ回数となっています。つまり、男性は来店すると2度、フィニッシュを迎えることになるということです。